ユーザー車検の流れを知っておこう

車検の流れ

 

 

 

ユーザー車検は基本的に予約制になっています。

 

 

まず、自分がどの陸運事務所で受けるのか決め、希望日を予約します。

 

 

予約が取れたら当日は試験時間の前に到着するように段取りをします。

 

 

 

ユーザー車検場では一般的に申請書類一式の購入、重量税の購入が完了後に車検の申請を窓口に提出します。

 

自賠責保険も最寄りの保険代理店で購入します。

 

 

申請書類の受付が済むと、車検検査の列に並びます。

 

 

車検が無事に済むと判子をもらい、事務所の窓口に書類を提出し、その場でステッカーや車検証がもらえます。

 

 

検査自体は驚くほど短い時間で完了しますが、不具合が発見された場合は再検査になります。

 

その場合、陸運事務所の周りに車検用の修理工場がありますので、ここで修理してもらいます。

 

この場合は再度並ばなければなりませんので、けっこう辛いですね。

 

再検査後に合格した場合も同様に書類を窓口に提出すれば車検証と、ステッカーをその場でもらえます。