車の取引に絶対に必要になる書類

車の取引に必要な書類

車の取引では何種類もの書類が必要になります。

 

印鑑証明や実印も必要になります。

 

そういった取引ですので信用のある買取業者を選ぶことが肝心です。

 

だって不安ですものね。

 

その為にも買取価格だけではなく、営業マンが信用できるのかどうか、会社が信用があるのかどうかも大事なポイントです。

 

まず、第一段階で見極めることです。

 

 

車の取引に必要な書類。

 

車検証

 

自賠責保険証

 

最新の自動車税の納税証明書

 

委任状

 

印鑑証明書

 

実印

 

 

 

 

 

車の取引に絶対に必要になる書類記事一覧

現在の日本では一部の地区を除いて車を登録する時には車庫証明が必要です。車庫証明は住所地を管轄する警察で証明を発行してもらいます。警察では車庫証明の依頼があると、約2週間以内くらいに申請のあった土地で車を保管できるかどうかを見に行きます。審査の結果合格した場合は車庫証明が発行されます。自分で車庫証明をとれば車庫証明費用が計上されているような場合には倹約になりますね。

車の取引では実印が使われます。実印というものは住所地の市区町村に印鑑登録されている印鑑のことです。契約書には捺印とともに、その印鑑証明書を提出します。もし、本人に印鑑登録がまだの場合は印鑑登録しなければなりません。

陸運事務所で新車の登録や名義変更などを行う場合にはたいてい本人が行くのではなく、代理のものが陸運事務所に行きます。その為に、名義変更の両者の委任状が必要になります。委任状自体はどのような申請などでも本人が行けない時には代理人が行きますがその場合は基本的に委任状が必要です。

念書は取引時に覚書として大事な項目を相手に念を押しておくための書類です。車の個人的な売買でも、取引後に車にトラブルがあった場合などにも効果があります。トラブルの第一段階で念書の確認だけで解決できるように念を押しておきたいものです。ですが念書があっても相手次第です。裁判になった時に有無を言わせぬくらいの効力があるわけではありません。ただ、通常の常識がある相手なら納得してもらえるくらい詳しく念書を作っ...